本場フランス菓子の味を ふるさと金沢へ


取材:高野
取材:高野

 

お花屋さんの店先に並ぶポインセチアの鮮やかな赤に、クリスマスの訪れを感じるこの頃。今回は、お店の改装を

させていただきました、クリスマスにかけて大忙しのケーキ屋さん「ラ・パンテュール」さんを訪ねました。


 ラ・パンテュールさんは、お菓子作り担当の進地 美穂さんと、接客担当の母、進地 直子さんの母娘二人三脚でお店を営んでおられます。オープンから5年間、金沢市泉にて頑張ってこられたのですが、お店が手狭になってきたことから場所を泉野出町に移され、11月2日にめでたくオープンされました。

 

 進地様が物件を決められた時には、以前に入っていた会社の内装や什器、照明がそのままになっていましたので、一度間仕切り壁や天井を落とし、スケルトンにした上で工事が始まりました。進地様が考えたプランをもとに、壁の位置を決め、造作家具の設計や照明・内装などを選んでいきました。

 厨房やレジまわりでの動線にムダなく仕上がり、また店内の壁や、外部看板には、絵が得意な美穂さんのイラストもあしらわれて優しい気分になれます。

 

 さて、ラ・パンテュールさんのお菓子はと言いますと、一般的な生クリームたっぷりのケーキやシュークリームではなく、

本場フランス流の、素材の美味しさをぎゅっと凝縮した、はっきりした味わいのケーキや焼菓子を揃えています。特に赤ワイ

ンとプラムのパウンドケーキや、お味噌や加賀野菜の味がいろいろ楽しめるマカロンがおすすめです。(高野個人の感想です!(^^)!)

 「フランスで身に付けた技と感性に、金沢の食文化を融合させ、素材の持ち味を活かしたオリジナルスイーツを広めたい」と、お店は新しくなっても、進地さんの創業からの想いは変わりません。

 これからも新しい場所で、ラ・パンテュールさんのファンが増えることを願っております。みなさま、泉野方面にお越しの際は、是非お立ち寄り下さい。


パリのおかしやさん ラ・パンテュール 様

金沢市泉野出町2-22-2 クリーンハイム高田1F

TEL:076-207-9003

営業時間:10:30~18:30  火曜・水曜