施工事例

<新築>河田邸 夢のマイホーム

<新築>河田邸 夢のマイホーム

地盤調査1)地盤調査(2012年12月)

 まず始めに外部の地盤調査会社に依頼して、地盤の調査をしました。これによって、地盤強度など、その土地の性質を把握することができるので、調査報告書に基づいた基礎の設計や地盤補強工事を今後行ってまいります。

地鎮祭1 地鎮祭2
2)地鎮祭(2013年2月)
 
 建国記念の日、そして河田部長の結婚記念日に心新たに地鎮祭を行いました。 ご家族の皆さまとともに、工事中の安全祈願をいたしました。

遣り方3)遣り方(2013年2月)

 工事に先立ち、貫(ぬき)や杭(くい)などで建物の位置を表示し、施工の目安にする作業です。光学機器で水平ラインなどを割り出すことができるので、予定される建物の正確な位置などをしっかりと把握できます。

鉄筋工事4)鉄筋作業
 
 住宅を建てる前に、一番重要な基礎部分。
コンクリートは硬化すると縮み、圧縮力には強いのですが引っ張る力に対する抵抗力が弱いので、引っ張る力に強く圧縮力に弱い鉄筋を中に入れる事によりお互いの欠点を補い強度を高めることができます。

コンクリート流し込み5)コンクリート流し込み

 すべての配筋が組み終えたら木製の型枠を組み立て、コンクリートを均一に流し込みます。基礎は配筋された鉄筋とコンクリートが一体になったものなので、鉄筋の間にもしっかりとコンクリートが入り込むように作業します。

基礎パッキン6)基礎パッキン

 基礎と土台の間に基礎パッキンを敷き、その隙間で換気します。
最近はこの「基礎パッキン工法」が主流です。

上棟7)上棟(2013年3月21日)

 上棟は文字通り棟が上がる事です。棟とは家の一番の部分です。
クレーン車がきて部材を持ち上げます。やっと家の全体像が見えてきました。晴れて良かった!

8)屋根

 平瓦葺きです。この後太陽光パネルが載ります。
銀色の瓦には、太陽光パネルの荷重が集中しないように金具を取り付けます。

9)木工事

 壁の地震耐力を高めるために、継ぎ目を作らず一枚のボードを桁まで届かせます。


10)断熱

 断熱材は現場で吹き付けするウレタンフォーム。
隙間なく吹き付けていくので、気密性もアップ。

11)外壁

 壁のボードはダイライト(DAIKEN)。
これも地震耐力を高めるために用いています。

12)外壁(透湿防水シート)

 ダイライトの上に施工します。
遮熱タイプなので、アルミのような外観に。

***完工しました!***

玄関は国産の杉材を使用しました。
インパクトがあります。

2階へ・・・。

↑子供部屋は青系とピンク系の2部屋。

←サンルームはピンク♪

↓寝室は落ち着いた、高級感のあるイメージに。
大きなウォークインクローゼットもあります。

部長と奥様、1歳の娘さんが住む夢のマイホーム!
かわいいももかちゃん(娘さん)は、入居して早速壁にお絵かきをしたそうです。

これからの生活が楽しみですね、部長!

所在地
家族構成
構造・工法
部位 新築
築年数 約年
工事面積
工事費用 約円
工期

線</p>
><p align=増改築●外壁・屋根の工事●水まわりの工事●バリアフリー工事●新築・不動産~わが家の主治医~(株)日本美装(にほんびそう)石川県金沢市古府西1-8 【フリーダイヤル】0120-662-955【TEL】076-266-2000【営業エリア】金沢市、野々市市、白山市、内灘町、津幡町(その他の地域の方、ご相談ください)</p><p align=線</p></dl>
<div class=