お知らせ

7/21 初心者向け救命講習会【終了】 写真UPしました!

7/21 初心者向け救命講習会【終了】 写真UPしました!

救命 目の前で、あなたの大切な人が倒れてしまったら、あなたはどうしますか。何ができますか。
救急車が到着するまでに、あなたが応急手当をすることで、その人の命を救える可能性が高くなります。その時のために、ぜひ救命講習を受けてみませんか。

 ◆平成26年7月21日(月)祝日
   午前10時30分~12時
 ◆会場/㈱日本美装
 ◆講師/金沢市消防局救急隊員
 ◆対象/成人男女 
 ◆定員/20名程度(先着順)

   参加無料(動きやすい服装で参加ください)

○短時間で応急手当の方法や、AED(自動体外式除細動器)の使用法が学べます。
○ぜひご夫婦で参加してみませんか?
↓↓↓ ここからは当日の様子をご紹介いたします。↓↓↓
講師紹介 座学
 当日は、朝から気温が28度の暑い日でしたが、16名のお客様にお越しいただき、社員8名も交じって計24名で講習を受けました。

 講師は、金沢市消防局 中央消防署より 西川 勝臣救急隊員に来ていただきました。隊員歴21年のベテランです!
じつは、石田社長の甥っ子さんです。目のあたりがよく似ていらっしゃいます。
実践2 実践3
 金沢市の救急車が昨年1年間で出動したのは、16,106件だそうです。
1日にすると平均44件!これは増えていく一方だそうで、「限りある医療資源」ですから、みんなで上手に利用し、安心して暮らせる社会にしましょうとのことでした。
 それでは早速、実践です!
実践4 実践5
 まず、「大丈夫ですか」と本人に声をかけ、意識があるかを確認。
続いて、近くにいる方に助けを求めます。
「あなたは、119番に連絡してください」、「あなたはAEDの手配をしてください」と具体的に指示しないといけないそうです。
実践6 実践7
 西川講師の手拍子に合わせて、胸骨圧迫を30回。全身に血液を送ります。その後、気道を確保してから人工呼吸を2回します。
救急車が来るまで、これの繰り返しです。
実践8 実践9
 今回はご夫婦での参加も3組ありました。お互いに「なんかあったら助けてもらわんなん~」という微笑ましい光景も。社長&常務夫妻も熱心に受講されてました。
実践8 実践9
最後にAEDの使い方について学びました。
AED、日本語訳すると「自動体外式除細動器」とのことですが???
心肺停止状態の人に電気ショックを与える機械だそうです。

使ってみれば、電源をオンにして、心臓をはさむように2枚のパッドをペタッペタッと貼るだけ。あとは、機械が電気ショックが必要か判断してくれるので、必要ならばショックボタンを押すだけです。
こんな簡単なことで人の命が助けられるのなら、ぜひ誰もが使えるようになればと思いました。
最後にみなさんのご感想です。

 「講師の話がわかりやすかった。」
 「少しは自信が付いたかも、と思います。」
 「大変勉強になりました。ありがとうございました。」
 「正しい知識が身について良かった。」
 「知識のないときは不安がありましたが、今日講習を受けてなんとなく出来るかな…と。何回も受講することが大切だと実感。」
 「とっても役に立ちました。来てよかったです。」
 「大変有意義な講習、ありがとうございました。」
 「わかりやすくて良かった。忘れないよう勉強したい。」
 「とてもわかりやすかったです。もし、このような状況にあったら今日の経験を活かせると思った。」
 「年に一度くらい受けた方が良いと思いました。再確認できて良かったです。」
 「参考になりました、今後に生かしたいと思います。」
 「とてもていねいな指導でためになりました。」
 ご参加いただいた皆様、そして西川救急隊員、本当にありがとうございました。

線</p>
><p align=増改築●外壁・屋根の工事●水まわりの工事●バリアフリー工事●新築・不動産~わが家の主治医~(株)日本美装(にほんびそう)石川県金沢市古府西1-8 【フリーダイヤル】0120-662-955【TEL】076-266-2000【営業エリア】金沢市、野々市市、白山市、内灘町、津幡町(その他の地域の方、ご相談ください)</p><p align=線</p></dl>
<div class=