石田社長のほのぼのコラム

石田社長のほのぼのコラム

  •  もうすぐ、桜の季節を迎えますが、当社では、四季毎に日美匠の会、日美顧問会、そして社員と酒を酌み合うことが決まっています。花見会、バーベキュー、バス旅行、忘年会の4回です。目的は、お客様から好かれ、気に入られ、喜ばれ、忘れられないために全員でお互いを点検しあうのです…。 2007.03.01
  • 「我が家の家訓」 広報・日々好日No.11より  昭和47年9月29日、田中角栄政権において日中共同声明の調印式が行われ、日本と中華人民共和国とが国交を結ぶこととなりました。この国交回復は、通常「正常化」と呼ばれていますが、この生命に基づきそれまで国交の会った台湾には断交を通告したのです・・・。 2006.12.20
  •  去る8月1日のこと、朝礼を済ませて10時に会社を出発。車で片道6時間半、向かうのは、鳥取県米子での「盛和塾」の塾長例会が行われる会場です。
     「盛和塾」は、京セラの創業者、稲盛和夫さんを塾長に、全国の四千人の経営者たちが「心を高めて経営を伸ばす」ことを目的に学びあう会です。私も13年前に入会させていただき・・・。 2006.09.10
  • 「桜も人生も」 広報・日々好日No.9より 毎年春になると、会社の正面にある「平成の森」で花見を行っていますが、今年は新入社員歓迎会をかねて、初めて兼六園での花見会を開きました。
     なんとなくガサガサとしている社会、少しでも心身とも、落ち着いたところでと思い兼六園を選びました。
    2006.06.10
  • 「判断、決断の基準をなんにするか」 広報・日々好日No.8より  最近、新聞やテレビを賑わせている、4点セット「ライブドア」「輸入牛肉」「耐震偽装」に「防衛施設庁談合」。どの件を見ても、法律に反しなければ何も悪くない、見つからなければ大丈夫という感じで、反省どころか自慢し威張る人が目に付きます。 2006.03.01
  • 「本物はすごい」 広報・日々好日No.7より  5年ぶりの社員旅行で出かけた「日光東照宮」。平成11年に、世界文化遺産に登録されています。
    権力組織の第一人者徳川家康公の人物を感じること、また東照宮の建造物の価値は何であるのかなどを、いみじくも建築に携わるものとして世界遺産の建造物を検証する心意気で向かいました。 2005.12.01
  • 「あなたは素晴らしい人です」 広報・日々好日No.6より  創業から19年、いろいろなことがありました。楽しいこと、大変なこと、悲しいこと、うれしいこと…。
     塗料販売会社の金沢支店長で10年、それから独立。勤めた会社に迷惑かけることはできない、部下と競争するわけにも行かない、それなら勤めた会社のお客になろうと塗装工事の会社を始めました。お蔭様で、順風満帆に金沢、小松、浜松と支店を開設し、県内ではトップの塗装会社になることができました・・・。 2005.09.10
  • 「新婚旅行地を再び訪れて」 広報・日々好日No.5より  今年のゴールデンウィークには、妻と二人で29年ぶりに立山・上高地へ一泊旅行に出かけました。
     立山では、バスよりはるかに高い雪の壁を体験、そして石原裕次郎の映画「黒部の太陽」にも登場した黒四ダムの偉大さに感動しました。ダム工事(S37年頃)の展示写真を見ると、江戸時代の人たちが山奥にそびえたつ城を築くためにロープ一本で谷を渡り、刀、槍で戦争しているかのようです。 2005.06.10
  • 「心を高めて経営を伸ばす」 広報・日々好日No.4より  いつも本当にありがとうございます。少し前に正月を迎えたと思ったら、もうすぐ桜の花が開きそうな季節です。自然は、常に厳しさとやさしさを含み、四季の移ろいを持って人の目を楽しませてくれます。それは人間を活性化し、大きく育てる偉大なる愛なのかもしれません。 2005.03.20
  •  新年明けましておめでとうございます。皆様よいお正月をお迎えのことと存じます。
     さて私は去年11月に、谷本知事の講演会・憲友会のメンバーとともに中国視察旅行に行ってまいりました。小松・上海便の開設により、小松空港から約2時間で上海へ行くことが可能になったわけです。
    2004.12.28

線</p>
><p align=増改築●外壁・屋根の工事●水まわりの工事●バリアフリー工事●新築・不動産~わが家の主治医~(株)日本美装(にほんびそう)石川県金沢市古府西1-8 【フリーダイヤル】0120-662-955【TEL】076-266-2000【営業エリア】金沢市、野々市市、白山市、内灘町、津幡町(その他の地域の方、ご相談ください)</p><p align=線</p></dl>
<div class=